現在地
  1. トップページ
  2. 地域通貨とは?

地域通貨とは

地域通貨とは、日本円やドルのような「法定通貨」ではなく、団体や個人などによって独自に発行され、特定の地域やコミュニティの中で限定的に流通するお金(価値)の総称です。

法定通貨(円)との違いは?

  1. 地域通貨は市民やNPOなど誰でも作り出すことができる
  2. 地域通貨は限定された地域やコミュニティで流通する
  3. 地域通貨は利子がつかない
  4. 地域通貨は有効期限やマイナス利子をつけることができる

地域通貨の効果

地域通貨によって、大きく三つの効果が期待されます。

イメージ図

地域経済活性

特定の地域でしか使えない通貨を生むことで、消費が外部に流れないようにする。また、有効期限やマイナス利子をつけることで、消費促進を行うことで経済活性効果につなげる。

コミュニティ醸成・助け合い支援

ボランティア活動など、法定通貨では評価されにくい「価値」を数値化し、交換するための媒体として利用し、相互扶助を実現する。

地域やコミュニティのアイデンテティ発信

地域やコミュニティのシンボル・アイデンテティとして発行し、イメージやメッセージを定着させる。

イメージ図

価値発行の仕組み

イメージ図

地域通貨は、利用者の財産である法定通貨(日本円)を自らが地域通貨に交換する「円交換型」と、ボランティアなどの活動に対する価値評価として受け取る「価値評価型」とがあります。

また、地域通貨には、管理者が価値を発行する「価値発行者方式(1)」と、参加者が自発的に貨幣を発行する「相互信用発行方式(2)」があります。

(1)価値発行者方式

価値発行者が通貨を発行・管理する方式。

イメージ図

(2)相互発行信用方式

サービスの提供などに対し個人間で価値を決め、参加者同士で価値を発行する方式。お金は口座上に記された数字としてのみ存在し、紙幣等は用いない。

イメージ図

地域通貨の種類

地域通貨を運営する媒体には、主に以下の4種類が用いられます。

1.紙幣発行型 2.通帳記入型 3.小切手型 4.ICカード型
タイプ 独自のお札やコインを発行し流通させる 利用者が通帳を持ち、価値を発行する側・受け取る側が、取引時に「いつ」「誰と」「なにを」「いくらで」取引したかを通帳に記入し残高を記入する 紙幣発行型と同じく、小切手を印刷して発行。裏に持ち主がサインをして取引する 紙幣の代わりにICカードを発行して価値を流通させる
目的 地域経済活性 コミュニティ醸成 アイデンテティ発信 コミュニティ醸成 アイデンテティ発信 コミュニティ醸成 アイデンテティ発信 経済活性 コミュニティ醸成 アイデンテティ発信
事例 各地域商品券、アトム通貨、おうみ(近江市)、クリン(北海道) ピーナッツ(千葉県)、レインボーリング 宝塚エコマネー、しあわせ交換券ハピー 杉並区、大和市
特長 誰でも簡単に発行でき、利便性が高い。 価値発行者が介在せず個人間で取引が成立する 利用者が特定できる 偽造リスクが少なくデータの収集が容易で、利用者の利便性も高い。
課題 偽造リスクがある 記入や取引が面倒 管理が面倒 読み取り機器やシステム構築が必要