1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 藤沢市(健康ポイント実証実験)

藤沢市(健康ポイント実証実験)

①logo_hyojun.jpg

藤沢市では全庁的なポイント制度の導入を検討されています。今回、活動量計を用いて健康ポイントを付与する健康づくりのモデル事業を実施し、市民ニーズ及び運用の課題について把握・分析・整理を行いました。

point.png

サービス概要

市民の健康増進を目的とし、対象者に歩数及び活動量が計測可能な活動量計を貸与し、数値確認できることによる身体活動の促進を図りました。

・対象者
藤沢市が主催する「健康づくりサポーター養成講座」の参加者

・実施期間
2016年2月2日から2月15日までの14日間

・ポイント付与方法
藤沢市保健所に設置したタッチスタンドへ活動量計をかざすことで、一日あたり1,000歩につき10ポイント、3メッツ以上の運動を15分間につき20ポイントを付与

・一日あたりの目標
歩数8,000歩以上、もしくは3メッツ以上の身体活動を60分間以上に設定

・ポイント交換
一日の目標達成時に獲得する80ポイント一日の上限付与ポイントとし、期間中640ポイント以上貯まった方には健康グッズ一式をプレゼント。

導入製品
歩数計.jpg タッチスタンド.jpg

✔活動量計(左)
山佐時計計器製「EX-950」
✔専用キオスク端末(右)

サービス詳細

歩数計.jpg

「活動量計」

活動量計は山佐時計計器製の「EX-950」を使用することで、歩数のほか運動強度「メッツ」の計測が可能です。加えてNFC機能搭載機種のため、タッチスタンドにかざした際、計測データの自動サーバ連携、ポイント換算を可能としました。

タッチスタンド.jpg

「タッチスタンド」

NFC機能搭載の活動量計をかざすことで、画面上で期間中の歩数や活動量が確認できるほか、「箱根駅伝いまどこ」画面を設けて期間中の歩数でスタートの大手町からどこまでの距離を進んでいるか表示し、参加者に楽しみながら歩いてもらう工夫をしました。

レシート.jpg

「タッチスタンドレシート」

活動量計をかざした際に期間中の歩数と活動量がレシートに出力され、期間中の各日の数値比較が一目で可能なほか、数値をグラフ化して表示することで目標値に達成しているかどうかを分かりやすくしています。

担当者からのメッセージ

藤沢市さまでは全庁的なポイント制度を検討いただいており、今回健康ポイントの実証実験を行いました。
実証実験として行うことで予算を抑えてソリューション提供させて頂き、市民のニーズを図ることができました。
本格導入を検討されている自治体さまでもお薦めいたします。
tantousya.png FPM(株)

営業担当:加藤

お客様プロフィール

名称 藤沢市役所
所在地 藤沢市朝日町1-1
URL https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kenko-z/kenko/fujisawa-kenko.html/
導入製品・サービス 健康ポイント
お問い合わせ 本導入事例をPDFで見る

記事内における数値データ、組織名、役職などは掲載時のものです。


FeliCa(フェリカ)を使った地域通貨

FeliCa(フェリカ)を使った地域通貨

サッカー大好きポイント

サッカー大好きポイント

ご当地WAON

ご当地WAON

健康マイレージソリューション

健康マイレージソリューション

健康経営支援サービス

健康経営支援サービス