1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 東京都豊島区 様

東京都豊島区 様

toshima_TOPimage.jpg

豊島区では、高齢者の健康増進を目的とし、65歳以上の区民を対象に区内の銭湯を100円で利用できる敬老入浴事業を実施しています。2011年4月よりFeliCaポケットを利用した「としま・おたっしゃカード」を導入したことで、年26回を上限とし、いつでも利用できるようになりました。​



point.png

サービス概要

✔100円で区内の銭湯利用が可能に

従前では、65歳以上の高齢者が、区内の銭湯を100円で毎月10日と26日に利用できる事業でした。​ 「としま・おたっしゃカード」を導入したことで、年26回を上限とし、利用者が好きな時に利用できるようになりました。利用者は「としま・おたっしゃカード」を持参し、銭湯に設置してある専用読取端末にカードをかざすことで、利用ポイントが減算されます。区は、としま・おたっしゃカードを活用することで安全に利用者の履歴データを把握することが可能になり、さらにペーパレスのため集計作業の効率化にも寄与しています。​

導入製品
toshima_seihin1.png toshima_seihin②.jpg

✔としま・おたっしゃカード(左)
✔専用読取端末(右)​

​ ​

サービス詳細

toshima_service1.png

✔65歳以上の区民ならだれでもお申込みできます​

​豊島区内に住民登録をしていて、申し込み時に65歳以上の方であればどなたでもお申込みが可能です。​ カードは毎年4月から翌年3月まで上限26回として区内の銭湯を100円でご入浴できます。​

担当者からのメッセージ

✔豊島区ご担当者様より

平成27年7月末現在、「としま・おたっしゃカード」の発行枚数は11,000を超え区民の皆さまにご利用いただいております。一度申請すると年1回以上利用すれば毎年銭湯で更新でき自動的に上限26回のポイントが付きます。​ 利用者が区役所に足を運んだり、区の職員が更新の作業をする必要がありません。専用読み取り端末により銭湯の利用状況も簡単に把握できています。今後は利用者数を増やすこと、利用実績を上げることを念頭に広く周知に努めていきたいと思います。​ ​​

4_businessman.jpg 東京都豊島区
​ 保健福祉部​
高齢者福祉課​様

お客様プロフィール

名称 東京都豊島区 保健福祉部高齢者福祉課介護予防グループ
所在地 東京都豊島区南池袋2-45-1​
概要 介護予防に関すること、高齢者の生きがい対策に関する事業を行っています。
URL http://www.city.toshima.lg.jp/167/kenko/koresha/ikigai/000679.html​
導入製品・サービス としま・おたっしゃカード
お問い合わせ 本導入事例をPDFで見る

記事内における数値データ、組織名、役職などは掲載時のものです。


FeliCa(フェリカ)を使った地域通貨

FeliCa(フェリカ)を使った地域通貨

サッカー大好きポイント

サッカー大好きポイント

ご当地WAON

ご当地WAON

健康マイレージソリューション

健康マイレージソリューション

健康経営支援サービス

健康経営支援サービス